旧システムの延命策は?

 以前に余剰パーツ寄せ集めで作ったPCが起動トラブルに・・・   どうもHDDの寿命が来たみたいです。  それで、買い換えるか延命かを考えました。

まず、PCのスペック。

CPU AMD PhenomⅡX4 905e(2.5GHz x 4)
M/B msi 785GM-P45 (SATA2 , USB2.0)
MEM CFD 2GB x2
VGA AFOX HD5770
HDD HITACHI HDP725050GLA360 500GB
P/U AQTIS AP-550GTX/P 550W

 モニター等のプレゼントで頂いたものや余ったもので組んで、トータル2万円もかかっていないシステムです。  この構成で3年以上使っているのですが、今回はHDDが死んだようです。なお、HDDはこのシステムに組む前にすでに3年ほど使用しているので、合計6年以上ということになります。  

 良くがんばってくれました。  

 ということで、今回はSSDにしようと思うのですが、マザーボード側がSATA2です。それで、最初に戻りますが延命か買い替えかを悩んだわけです。  

 選択肢は下記の3つ。

1、SocketAM3対応マザーボードを購入する。

2、SocketAM1にしてしまう。

3、USB3.0とSATA3に対応させるためボード2枚を追加する。

 1、の場合、店頭では11,000~12,000円(税別)。ちょっと高いですね・・・。SocketAM3という規格に将来性もなさそうですし。  

 それならSocketAM1のマザーボードとCPUを買ってしまおうかと思ったのですが、性能がIntelのCeleron程度ですから、1万円ほどかけてグレードアップと言うよりダウンになってしまいます。で、最後の選択肢ボードの追加となるわけですが、よくよーく考えてみるとUSB3.0対応の周辺機器はポータブルブルーレイドライブだけでした。しかも、USB2.0接続で問題なく再生できていました。  

 考えた末出した結論は、今回はSATA3のボードを追加してSSDを接続すると言うものです。   購入したのが下記のボード。

SD-PESA3-2RL AREA RAIDJET SD-PESA3-2RL です。  価格は3000円程度とリーズナブルです。RAIDも0と1なら組むことができます。SSDはいつものCFD CSSD-S6T128NHG6Q 128GBです。

CFD_ssd 価格も8000円少しとこれまたリーズナブルです。部材も揃ったところで作業に入ります。まずはパソコン内の清掃からですね。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください