特価のメカニカルキーボードの使い勝手は?

時々、特価で見かけるメカニカルキーボード。

青軸、赤軸、茶軸とあり、安いのは大体青軸ですね。

安い時は3,000円前後からあります。

なんで安いのか、実際の使い心地はどうなのかと思って買ってみました。

青軸のメカニカルキーボードです。

楽天サイトで購入できますし、AMAZONでもテンキーがないものが安く入手できます。

キーボードの設定を英語キーボードにすれば普通に使えますね。

日本語キーボードの設定だと”_”(アンダーバー)が入力できません。

日本語への入力の切り替えは”Alt”+”~”で行います。

青軸なのでカチャカチャとクリック感が気持ち良いです。

オフィスで使うと少し音が目立つかもしれません。

キートップも簡単に外せるので掃除が楽です。

 

ノートパソコンに繋げるときには少し工夫すると、ノートパソコンのキーボードと両立ができます。

こちらの環境はDELL製のノートPCに101キーのキーボードの接続です。

OSはWindows7 64bit proでしたが、Windows10でも行けそうです。

コツはキーボードをUSBで接続してから設定することです。

 

レジストリの場所は

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

の中です。

LayerDriver JPNのデータをkbd106.dllからkbd101.dllに変更し、

OverrideKeyboardSubtypeをDWORD(32ビット)で追加してデータを2、

OverrideKeyboardTypeをDWORD(32ビット)で追加してデータを7

OverrideKeyboardIdentifierを文字列データでPCAT_106KEYで追加しました。

さらにコントロールパネルの地域と言語から”テキストサービスと入力言語”の画面を表示させ、日本語キーボードの下に英語キーボードを追加します。

レジストリを変更するので自己責任となってしまいますが、腕に自信のある方はチャレンジしてみてください。

個人的に使い勝手は良好です。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください