【FireFox】「この接続は安全ではありません」に対処する

  会員制掲示板などでパスワードを入力するときにFireFoxでは、”この接続は安全ではありません”、Google Chromeではアドレスバーに”保護されていません”と表示されることがあります。これは送信されるパスワード等の情報が暗号化されていないため、第三者から読み取られる可能性があるというものです。FireFoxとGoogle Chromeではこの警告が強化されました。

FireFox

 Chrome

 対処法はWEBサイト側がhttps://で始まるSSLプロトコルに対応することです。そうすると安全である旨表示されるようになります。

FireFox

Chrome

  SSLに対応させるには、SSLサーバ証明書をレンタルする必要があります。レンタルサーバーをご利用の場合、オプションで用意されているかもしれません。専門に扱う業者もあります。SSLの設定が終わったらhttp://へのアクセスもhttps://にリダイレクトさせる必要があります。.htaccessファイルに下記コードを追加します。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ 対応させるアドレス/$1 [R=301,L]

  これでhttp://にアクセスしてもhttps://に転送されるようになります。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です