Visual Studio 2019 でC言語を勉強する方法①

 大学や専門学校などでC言語を勉強するときに、学校の用意した環境以外でC言語のソースを実行する方法です。

まず、Visual Studio 2019を起動します。

「新しいプロジェクトの作成(N)」をクリックします。

「コンソールアプリ」を選択します。

「次へ」をクリックします。

「プロジェクト名(N)」、「場所(L)」、「ソリューション名(M)」を入力します。

ここでは例として

プロジェクト名(N):test_c

場所(L):c:\Users\"ユーザー名"\Documents\c_language

ソリューション名(M):test_c

とします。それから「作成(C)」をクリックします。

C++言語のプログラムが表示されます。

これから作成するのはC++言語のプログラムではなくC言語のプログラムなのでC++言語のプログラムを全部削除します。

右のソリューションエクスプローラーの「ソースファイル」をクリックし、表示された「test_c.cpp」をその下のプロパティで「test_c.c」にリネームします。

ソースファイルが「test_c.c」に変更されたことを確認してからc言語のプログラムを入力していきます。

大学や専門学校の授業と違うのは先頭に

pragma warning(disable: 4996)

を入力することです。これがないとscanf関数などが正常に動作しません。

それから授業と同じようにプログラムを入力し。上の「▶ローカルWindowsデバッガー」をクリックして実行します。

プログラムに間違いがなければ、「デバッグコンソール」が開き、プログラムが実行されます。

今回は2つの整数の入力に従い計算するプログラムなので2つの数字の間に半角の空白を入れて最後は「Enterキー」を押下します。

5 2「Enterキー」

すると実行結果が表示されます。必要に応じてプログラムを修正し、十分テストすることが可能です。

Visual Studio 2019でC言語を勉強するメリットは、①プログラムに間違いがある場合、どのような間違いなのかが比較的わかりやすい、②ブレークポイントを設定し、1行ずつプログラムの実行ができ、変数の値の移り変わりが確認できる、といったことがあります。

②のブレークポイントについてはそのうち取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください