PS Vitaのバッテリー交換

 PS Vitaのバッテリーの減りが早く、温度が上昇し、WiFiがOFFになることが多発するようになりましたので、今回はバッテリー交換をしたいと思います。

 PS Vitaの型番はPCH-1100です。

 バッテリーはロワジャパンで互換バッテリーを調達しました。楽天経由の購入で送料込み1,628円でした。ドライバも付いています。

 まず、PS Vitaの電源を落とし、ソフト、メモリカードを外して、背面の4つのネジ(黒)を外します。

 下部のコネクタの両脇のネジ(銀)を外します。

 次の上部のコネクタの両脇のネジ(銀)を外します。

  外すネジは以上8個です。バッテリー付属のドライバで外しましたが、問題ありませんでした。強めに押しながら回すのがコツです。

 ネジを全部外したら小さいマイナスドライバなどを使ってこじ開けます。あまり力を使わなくても外側1週をこじ開ければ外れます。

 赤丸を付けたコネクタがバッテリーのコネクタです。外します。

 隣のコネクタも外れてしましたが、問題ありません。

 バッテリーを止めているネジを外し、コネクタを固定しているパーツを外します。

  これが取り外したコネクタを固定しているパーツです。この形状を見ればわかりますが、左右にツメがあるので、このツメをマイナスドライバ等で外します。

 バッテリーを取り替えたら、固定しているネジ、パーツを取り付けて、コネクタを接続します。

 あとはケースをはめて、ネジを閉めます。少し充電されているみたいで、電源を入れたらぐに使えました。

 温度上昇のメッセージはでなくなりました。

 バッテリーの交換は意外と簡単でした。メーカーのサポートは受けられなくなりますが、生産終了していますし、良いのではないでしょうか。

 お約束ですが、自分でバッテリーを交換する際は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です