【Win10】バージョン1607でブルーバックが頻発する

 Windows10のバージョンが1607に上がってから、しばらくの間2,3日に一度ブルーバックで落ちるようになりました。それまでのバージョン1511では問題なく動作していました。しかし調べると、どうやら古いUSBサウンドユニットが関係しているようです。

大変な作業

 Windowsの不調というのは度々遭遇する問題ですが、いつも厄介です。しかも同じOSで今まで問題なく動作していたとなればなおさらです。パソコンの中のパーツも含め、すべてのパーツを外して一つずつ検証していかなければなりません。それで分かったのがSound Blaster X-Fi Surround 5.1。USBサウンドデバイスです。こいつを外すとWindowsが安定します。ということで泣く泣く手放しました。扱いやすく良いデバイスだったんですけどね。

調べてみると

 このSound Blaster X-Fi Surround 5.1って2008年発売だったんですね。よく頑張ってくれました。それで半ば諦めながらドライバを探してみましたが、やっぱりサポートは終了しています。じゃあ、なんで今まで動いていたんだろうという疑問が残りますが仕方ないです。ドライバの対応状況はクリエイティブ社製品のWindows 10対応状況でわかります。

最後に

 Windows10のバージョンですが、スタートメニュー→システム→(一番下にスクロールするとでてくる)バージョン情報で確認できます。

 最近、Windows10が良く落ちるなあという方は、各デバイスのWindows10への対応状況を確認されると良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です